客注は一足一足。

作るのが面倒な事だが

届けたお客様の笑顔があれば

作った甲斐がある。

20131115-181909.jpg